テレワーク最強と名高い骨伝導ヘッドセット「OpenComm」を購入しました。
購入して1週間ほど使ってみたのでまとめていきます。

経緯

リモートワークで働くようになっておよそ1年。
デスク・モニタと少しずつ環境を整えてきて,マイク・スピーカーもなんとかしたい欲が湧いていきます。

最初はBluetoothイヤホン・ヘッドフォンを使っていましたが,長時間使うと耳への負担が大きく,MacBook Pro 本体の内蔵マイク・スピーカーでごまかしていました。冬になりエアコン等のノイズが多くなったからか,内蔵マイクでは音質に問題があったようで,伝わりづらい場面が多々発生していました。ノイズを拾わないような単一指向性のマイクから探し始めました。

検討案

案1. 持ってる Anker Soundcore Liberty Air 2 を使う

会議が多くなって長時間使うとなると辛いので別のソリューションが欲しい。

案2. 単一指向性のマイクを新規導入

単一指向性機能がついてて,レビューが高そうなところを見るとこのあたりの商品にたどり着く

これまでマイクを買ったことがないので選択が悩ましく,さらにはマイク購入した後の問題の方が大きそう

案3. 骨伝導ヘッドセットを新規導入

イヤホン・ヘッドフォン,マイクが候補から消えつつあり,ヘッドセットで探していたところ骨伝導式のヘッドセットを発見。

※ 参考記事 【AfterShokz】次世代型骨伝導ヘッドセット OpenComm ノイズキャンセリング・ブームマイク搭載。最大使用16時間,5分の急速充電にも対応。 | FOCAL GADGET

骨伝導+ブームマイクという,まさに自分が求めていたソリューションです!
決して安くはないですが,購入前に試聴で試すことができたのと
実質「16,380円」という期間限定特価も後押しし,ヨドバシカメラで購入。
色は Slate Gray と Light Grey の2色展開されていて Slate Gray を選びました。

Aftershokz OpenComm

良かったところ・悪かったところ

一週間ほど毎日使っていたので,良かったところ・悪かったところを書き出してみます。

良かったところ

悪かったところ(気になるところ)

まとめ

悪かったところも書き出してみましたが,気になるレベルの許容できるものばかりで,文句の付け所がない製品といえます。
テレワークにおいて,最強のギアを手に入れたと言っても過言ではありません。

家電量販店でおいているところも多く気軽に試しやすい製品なので,骨伝導未体験の人は是非試してみてほしいです。