mac のお奨めアプリケーションを1つ教えてと言われたら Alfred と即答するほど大好きなアプリです。 Alfred は無料・有料で使えるランチャーアプリケーションで,キーボードのみでアプリを起動したり,計算したりすることができます。

https://cdn-images-1.medium.com/max/1600/1*6K6ynEPQsqURRTYi-B2zug.png

Alfred で計算

アプリ起動や計算だけでも十分に便利ですが,「ブラウザを起動し,サイトにアクセスし,キーワードを入力し,検索する」というウェブサーチが一発でできるウェブサーチ機能が特に強力なので紹介します。

ウェブ検索機能の紹介

次のスクリーンショットは「Amazon」で「デス・ストランディング」を検索するサンプルです。

  1. ホットキー「option + space」でAlfredを起動
  2. 「amazon」「スペース」「デス・ストランディング」を入力し,エンターキー
  3. ブラウザでAmazonの検索結果が開く

https://cdn-images-1.medium.com/max/1600/1*Xf-6PBW8KXHba7dSMPY05Q.png

Amazon で デス・ストランディングを検索

いかがでしょうか?ウェブ検索はかなり頻繁に行うと思いますが,alfredを使うことで爆速化することができます。

Google・Amazon・Twitterといった主要ウェブサイトはデフォルトで追加されていますが,更に検索サイトをカスタマイズすることができます。※無料でできます!

おすすめのカスタムサイト 5選

頻繁にアクセスするサイトやURL形式でアクセスできるものであれば追加することができます。私はファイル管理に使うGoogle Drive,英語を調べるサイトを追加で設定しています。

  1. Google Driveのファイルを検索
  2. Google 翻訳で日英翻訳
  3. 英辞郎で検索
  4. uKnowで検索
  5. sshで接続

ウェブ検索機能にカスタムサイトを追加する手順は次のとおりです。

https://cdn-images-1.medium.com/max/1600/1*2dOOzS3sJHTkBI_05zu0hw.png

Alfred Preferences > Feature > Web Search

「Google 翻訳 日英」 の設定例です。

https://cdn-images-1.medium.com/max/1600/1*XovSSmrTIDDFHBAdlsSdug.png

Alfred Preferences > Feature > Web Search > Edit Custom Search

カスタムサイトを追加できたので早速動かしてみましょう。ホットキーでAlfredを起動し,「translate 英語」を入力し,enterキーをクリックです。

https://cdn-images-1.medium.com/max/1600/1*5YrAeDImXD_A_wI7LPFozA.png

Alfred Launcher


以下が具体的な設定値です。コピー&ペーストして設定してみてください。

1. Google Driveのファイルを検索

2. Google 翻訳で日英翻訳

3. 英辞郎で検索

4. uKnowで検索

5. sshで接続

※ ちなみにターミナルアプリにはiTerm2を使っているのですが,sshプロトコルでiTerm2を起動させるためにはiTerm2で下記設定が必要です。 https://ma.ttias.be/set-iterm2-default-ssh-handler-mac-osx/


それではAlfredを使って,よいmacOSライフを!

Alfred - Productivity App for macOS With Alfred's Clipboard History and Snippets features, there's no need to type the same URLs or responses over and…