本日, Test Engineers Meetup #3 - connpass に参加してきました。

発表内容は5テーマ x 20min と目白押しです。

  1. Improve Automation Testing by @emurins

  2. About OpenSTF by @gunta85 @sorccu

  3. モバイルE2Eテストを継続・改善させるために取り組むKarakuri by Nemoto-san

  4. Subscription Test Solution by Yasuda-san

  5. EarlGreyを実運用するために工夫してたこと by @ichiko_revjune

  6. Improve Automation Testing

自動テスト環境をどう改善してきたかという話。

環境構築・PC/モバイルサイトのテストスクリプトの多重化といったパフォーマンスに関する課題が多いのと2018のテーマに「Improve Speed」を掲げており,パフォーマンス改善のために「mobilelabo」を作って改善に取り組んでいるとのこと。

パフォーマンス改善目的で,AWS Device FarmやFirebase Test Labを採用せず,なぜ自作する方向に舵を切った裏側が気になりました。

  1. About OpenSTF

「OpenSTFのプロジェクトの裏側全部見せます。」といった内容で,OSSプロジェクト・テストツールのエコシステム化の難しさについて考えさせられました。

OSSプロジェクトの発展を考えたときにサービス化する方向性が良いとは思うけれど,実際には実機端末と連携する必要があるのでクラウド利用に制限があり,中々難しい。。

  1. モバイルE2Eテストを継続・改善させるために取り組むKarakuri

自動化エンジニアとQAが一緒にE2Eテストに取り組むなどの改善する仕組みの紹介。

  1. Subscription Test Solution

iOS/Androidのサブスクリプションテストに関する13ものノウハウを丁寧に説明。なんとスライド78枚

  1. EarlGreyを実運用するために工夫してたこと

EarlGreyの調査と今後の導入について。EarlGreyについて名前も知らない状況だったので調べるきっかけを頂きました。

今回の会場は初訪問になる楽天。方向音痴でいつも道を間違えるのですが今回はほぼ迷わず無事に到着。今回一番好印象だったのが,受付・案内・司会・マイク係など運営がプロ!?と思うほど素晴らしかったです。

発表者の方も資料公開有無を最初の方で言って頂くなど大変ありがたい限りでした。

開催ありがとうございました!

参加者メモ