1. 何がうまく行っているか
  2. 何がうまく行っていないか
  3. 私に何をもっとして欲しいか
  4. 私に何をして欲しくないか

One on One はコーチングの手段である。コーチングで重要なことは一方的に指示するのではなく,本人から引き出し自分事にすることである。

誰だって,人にやらさせるより,自分でやりたいことをやったほうがゴールを達成しやすいものだ。

しかし「ゴールを何にするか」と「ゴール達成に向けた継続」を1人で実施することは容易では無いので,コーチの存在が重要になってくる。

当たり前すぎるかもしれないが,One on Oneのとおり一対一で行うことが非常に重要である。

人はみな一対一で話している時に別人になるのだ。